したつづみ本舗
ほーむ ご注文方法 「本家尾張屋」とは? お問い合わせ
 
オフィシャルブログ
したつづみ本舗の「おいしいレシピ」ブログ
買い物かご

商品一覧
おそばとおだしの詰め合わせ
本家尾張屋特製だし
そば菓子
厳選 世界のオリーブオイル
バルサミコヴィネガー&ワインジャム
ヒマラヤの岩塩
 
大切なあのひとへ贈り物「したつづみ本舗のギフトセット」
   
創業五百四十余年 御用蕎麦司「本家尾張屋」について

「本家尾張屋」の歴史
 

創業五百四十余年 そばの香りと 暖簾の味を伝え
  「やんごとなき御方より召されて、山鳥の尾張の国より都にまいりしは、室町時代花の御所の時なり」と家譜に伝える本家尾張屋。寛正六年(西暦一四六五年・応仁の乱の前年)に、菓子司として始まり次第に、そば処としても、京の町衆に親しまれるようになりました。

その味わいが、京の町で名高くなるにつれ、由緒ある寺院、宮家の方々にも、本家尾張屋のそばを好まれる方が多くなり、本願寺などからは「五色そば」と言われる美しく上品な彩りのそばの注文もよくあり、大きな重箱をもって買いにこられたものです。
また、江戸時代には、御用蕎麦司(いわゆる宮内庁御用達)をつとめ、宮中へ、そばをつくりに伺うこともしばしばありました

「本家尾張屋」のこだわり
  むかしより京の名物傅左が蕎麦 さては蕎麦菓
  いま、時は移り、人は変わっても、暖簾とともに育まれた技と心は、大切に伝えられ、時代ごとの味の工夫を合わせて、ほのかなそばの香りとなって皆様に愛され続けています。
現在も、そばは吟味した上質のもののみしか使わず、たしかな伝統の味わいを守り続けております。
気軽なそば処として、また、懐かしい香りのそば菓子そして、おみやげやご贈答に最適なそば詰め合わせなど豊かに取り揃えております。

  風流なたたずまい ほのかなそばの香り  そば処 本家尾張屋
 京の町、中京車屋町二条の本家尾張屋は静かで落ちついたたたずまいです。
暖簾をくぐれば、趣のある茶室と気軽ないす席、そして、おそろいでくつろげるお座敷など、京の風情を目で、舌で、心ゆくまでお味わいくださいませ。

 

挽きたて 打ちたて 湯がきたて
 そばは新しさがいのちです。本家尾張屋では、毎日、打たてのそばを、お客様のご注文を承ってから湯がきますので、そば本来のコシと香りを失いません。北海道利尻産昆布と、目近・うるめ・鯖節を調合して取った、十五代主人吟味の京風味のだしは、淡味の中にもコクとまろやかさがあり、そばのおいしさをいちだんと引き立てます。

 また、そばには、上質のたん白質、ビタミンB1・B2、ルチンなどの成分が含まれ栄養価が高く、血圧を下げる効果もあり、食物繊維も白米の二・五倍あって、健康にも美容にも良いといわれています。それらの成分は、そば湯の中にもたくさん含まれていますので、暖かな湯気の香りといっしょにお味わいください。

 
 本家尾張屋オフィシャルホームページへ
 
 
 
 

 
したつづみ本舗
c 2006 SITATSTSMI.NET. All Rights Reserved